佐藤 未季 作品展示

佐藤未季さんデザインの、人の出会いをRe-connectするカーテン。

2020年、人と会う喜びを改めて知った。しかしそこに必要となったのは、被膜による遮断である。これまでカーテンは主に隔てるためのものであった。しかし今後は人が出会う場を演出し、Re-connectするツールとしての機能が期待される。隈研吾建築都市設計事務所でファブリックデザインを担当し、個人でも活動する佐藤未季さんによる作品を展示しています。

場所・地図:クリエーション バウマン 東京本社ショールーム

佐藤未季プロフィール
オランダのデザイナーPetra Blaisseのもとでカーテン等の、建築と関わるファブリ ックデザインを学び、現在は隈研吾のもとでカーテンやカーペット、ランプシェード などのファブリックデザインを担当。2016年より個人の活動も開始。  ttps://www.talkingaboutcurtains.com/

2006 横浜国立大学建設学科建築学コース卒業
2007 Inside Outside Petra Blaisse インターンシップ (アムステルダム)
2008 横浜国立大学大学院 建築都市スクールY-GSA修了
2008 Inside Outside Petra Blaisse (2010年末まで)
2011 隈研吾建築都市設計事務所入社
2014 同社にてファブリックデザイン専門スタッフとなる
2016 Talking about Curtains 開始

こちらの作品は、10/23より開催された DESIGNART TOKYO2020に参加しました。『Facebook Live』にて、佐藤 未季さんの作品インタビューを放送しました。その時の模様が動画にて公開されておりますので、御覧ください。
こちらより。

クリエーションバウマンでの佐藤未季さんの過去の作品はこちらからご覧ください。

戻る