SOCIAL DISTANCE WITH DESIGN

ソーシャルディスタンスとファブリック



インテリアデザインは、ソーシャルディスタンスの確保をしなければならないという新たな課題に直面しています。
クリエーションバウマンのテキスタイルソリューションは、オフィス、ホテル、飲食業界、学校、保育園などで、より創造性溢れるオプションを提案します。

ソーシャルディスタンスとチームワークの両立

ドイツのエネルギーサービス供給会社であるGGEW AGにご提案したソリューションは、空間を共にしつつ安心して働くことは可能である、ということを表す事例です。 配されたカーテンがスペースを多数のゾーンに区切ると同時に、吸音することで部屋の音響の問題も改善します。結果、一人で集中できる空間とコミュニケーションをとるための広々とした空間を両立した、革新的な環境が生まれました。

事例写真を見る

ソーシャルディスタンスとおもてなし

学校や保育園といった賑やかな空間でソーシャルディスタンスを実現するためにはどうしたら良いでしょうか?イーストロンドンにある学校Rosemary Works Schoolで採用されたアイデアは、カラフルなカーテンをパーティションとして用いることです。彫刻のようにレールを配置し、それぞれの使用目的や、児童・教師の数に合わせ、オープンな空間を様々な機会に対応するレイアウトにあっという間に変化させることができます。また吸音効果のあるファブリックを使うことで、音の反響を抑えて騒がしい環境を落ち着かせる役割を果たしてくれます。

事例写真を見る

ソーシャルディスタンスと色彩の効果

学校や保育園といった賑やかな空間でソーシャルディスタンスを実現するためにはどうしたら良いでしょうか?イーストロンドンにある学校Rosemary Works Schoolで採用されたアイデアは、カラフルなカーテンをパーティションとして用いることです。彫刻のようにレールを配置し、それぞれの使用目的や、児童・教師の数に合わせ、オープンな空間を様々な機会に対応するレイアウトにあっという間に変化させることができます。また吸音効果のあるファブリックを使うことで、音の反響を抑えて騒がしい環境を落ち着かせる役割を果たしてくれます。

事例写真を見る

zurück