Acoustic fabrics

オフィスやコンサートホール、または住宅でも:テキスタイルが吸音のために大きな役割を果たします。クリエーションバウマンは、音響性と審美性をバランスよく調和させるために、世界最大のアコースティック ファブリックのコレクションをご提供しています。クリエーションバウマンのファブリックはISO/EN 354、ISO 11654、DIN EN 29053規格の試験に適合しており、あらゆる音域でこれまでにない空間品質を実現できます2000種類以上、90色以上あるアイテムからお選びいただけます。  


アコースティックファブリックについて 
  • アコースティック ファブリックによって室内音響のコントロールが可能
  • 重量、空隙率、織りの技術に応じて残響時間をコントロール
  • 残響室(周波数範囲100~5000 Hz)での検査でテキスタイルの音響特性を比較
  • ISO 354, ISO 11654 、DIN EN 29053 に準じた測定

Additional Information:
Folder Acoustics(英語)
Gazette(ガゼッタ)吸音特集
音響学入門

吸音効果のあるレースファブリック

音響効果を得るのは、実は簡単なのです。吸音効果のあるレースファブリックを使いウィンドートリートメントを行うと、室内に光を取り込みながら、吸音を実現することが出来ます。

吸音効果のあるドレープファブリック

カーテンとして使用する場合も、ルームディバイダーとして使用する場合も、かなり広く音が反響しやすい室内でさえ、抜群の吸音効果を発揮するのが、この透け感の少ないドレープのアコースティックファブリックです。
 

3 questions for...

納品事例 Brugg Cables, Brugg/Switzerland(ブルックケーブル社、スイス、ブルック)を担当した音響設計デザイナー トーマス・イムホフ氏への3つの質問

 部屋の最適な音環境はどのようにデザインするのでしょうか?

先ず第一に部屋の用途をはっきりさせなくてはなりません。レストランと教室とでは、求められる吸音性は異なります。まるで多目的ルームのような何の響きも感じられない教会なんて考えられないでしょう。空間のサイズ、床・壁・天井などの仕上げ材や表面にどれほど凹凸があるかなどの形状、そして用途がはっきりして初めて、最適な吸音効果を設定することができます。

理想的な音環境を実現するには?

私たちは、現場にあった床・壁・天井の材質について、話し合いを重ねます。そして、ビルのオーナー、建築家、音響技術者の満足を得られるまで、算出を繰り返して理想的な音環境を導き出します。Brugg Cable 社の場合には、現場での残響時間の計測が不要なほど際立って優れた結果を実感できました。

どうしてクリエーションバウマンを選んだのですか?

音響設計デザイナーとしては、成果を算出しながら設計計画を進めていくことのできないファブリックを採用したくありません。音響設計を本格的に行うにあたり、吸音率と残響時間は必須データです。クリエーションバウマンには、吸音率や残響時間など、吸音効果が明らかになっているファブリックが70 アイテム以上もあり、その音響測定データは公表されていて、誰もが見ることができます。ファブリックを選ぶときに、デザイン面と機能面の両面から検証していけるクリエーションバウマンを、非常に信頼がおけると思いました

トーマス・イムホフは、スイス音響学会の会員です。www.imhof-akustik.ch


More about acoustics

納品事例

事例を見る
事例見る

取り扱いショップ

アコースティック ファブリックに関するお問い合わせは、クリエーションバウマンの各ショールームの他、全国の取り扱いショップにお問い合わせください。