Textile acoustic solutions

どうすれば、工事を一切せずに部屋の音響を改善できるのでしょうか。それはクリエーションバウマンのアコーステックファブリックをお使いいただくことで実現します。革新的で機能的なテキスタイルによるアコースティックソリューションは、吸音性、遮音性、そして美しいデザインと上質な質感を兼ね備えています。クリエーションバウマンの取り扱うアコースティックファブリックは、ドレープ、レースともに世界最大のアイテム数を誇っています。

Acoustic fabrics

これまでにないクオリティの音環境を実現するために:世界最大数のドレープ、レース、プリントをあしらったアコーステックファブリックを取り揃えています。これらのファブリックはあらゆる周波数域で優れた吸音値を実現しています。音響検査の専門機関がISO/EN規格に従って試験を行い、測定結果に関する詳細な検査結果を公表しています。
アコースティックファブリック

Selected References

Textile wave of success

OBJECT: Welle 7, Bern, Switzerland
CONCEPT: daskonzept, Thun
PRODUCTS: Alphacoustic, Ponte III, Sinfonia CS V, Sonor II
詳しく見る

Using textiles to create areas of calm

OBJECT: Kosmos, Zurich, Switzerland
CONCEPT: Burkhard & Lüthi Architektur GmbH, Zurich, Switzerland
PRODUCTS: Calvaro, Umbria IV, Alex
詳しく見る
全ての事例を見る
 

3 questions for...

納品事例 Brugg Cables, Brugg/Switzerland(ブルックケーブル社、スイス、ブルック)を担当した音響設計デザイナー トーマス・イムホフ氏への3つのインタビュー

部屋の最適な響きとはどのようにデザインするのでしょうか?

先ず第一に部屋の用途をはっきりさせなくてはなりません。レストランと教室とでは、求められる吸音性は異なります。まるで多目的ルームのような何の響きも感じられない教会なんて考えられないでしょう。空間のサイズ、床・壁・天井などの仕上げ材や表面にどれほど凹凸があるかなどの形状、そして用途がはっきりして初めて、最適な吸音効果を設定することができます。

理想的な音環境を実現するには?

私たちは、現場にあった床・壁・天井の材質について、話し合いを重ねます。そして、ビルのオーナー、建築家、音響技術者の満足を得られるまで、算出を繰り返して理想的な音環境を導き出します。Brugg Cable 社の場合には、現場での残響時間の計測が不要なほど際立って優れた結果を実感できました。

どうしてクリエーションバウマンを選んだのですか?

音響設計デザイナーとしては、成果を算出しながら設計計画を進めていくことのできないファブリックを採用したくありません。音響設計を本格的に行うにあたり、吸音率と残響時間は必須データです。クリエーションバウマンには、吸音率や残響時間など、吸音効果が明らかになっているファブリックが70 アイテム以上もあり、その音響測定データは公表されていて、誰もが見ることができます。ファブリックを選ぶときに、デザイン面と機能面の両面から検証していけるクリエーションバウマンを、非常に信頼がおけると思いました。

トーマス・イムホフは、スイス音響学会の会員です。www.imhof-akustik.ch


Textile inspiration