DESIGNART TOKYO 2019

ファブリックデザイナー佐藤未季さんディレクションのもとクリエーションバウマンのファブリックを使用した作品をご体感ください。

コンセプト
クリエーションバウマンショールームは、間口の割に奥行きの深い矩形の平面が特徴的な為、入口から進むごとに見え方が変わる様全体のレイアウトを検討しました。その際「窓辺に設置 される」というカーテンの一般的な印象を取り払った「自由なカーテン」というコンセプトのもと、スイスに本社を置くテキスタイルメーカーCréation Baumann の上質な生地を最大限に活かすことにも留意しています。入口には目を惹くアートカーテンが必要と考え、色彩豊かな柔らかいレースを、ネットカーテンに手作業で編み込んでいます。中央に置かれた商談テーブルには、既存のレールが楕円形に配置されている為、その形状を活かし、微かな気流でふわりとエレガントに揺れる、ギャザースカートのようなパーティションを考えています。どちらのカーテンも視線が部分的に抜ける構成とし、特徴的な鰻の寝床空間の、伸びやかな奥行きを感じられる様になっています。

期間:10月18日(金)~10月27(日)(定休日/水曜・祝日)   場所:クリエーション バウマン 東京本社ショールーム

佐藤未季プロフィール

オランダのデザイナーPetra Blaisseのもとでカーテン等の、建築と関わるファブリックデザインを学び、現在は隈研吾建築都市設計事務所にてカーテンの他カーペット、ランプシェードのデザインを担当。2016年より個人の活動も開始。

2006 横浜国立大学建設学科建築学コース卒業
2007 Inside Outside Petra Blaisse インターンシップ (アムステルダム)
2008 横浜国立大学大学院 建築都市スクールY-GSA修了
2008 Inside Outside Petra Blaisse (2010年末まで)
2011 隈研吾建築都市設計事務所入社
2014 同社にてファブリックデザイン専門スタッフとなる
2016 個人での活動開始

https://www.talkingaboutcurtains.com/

戻る