scroll down

Making-of

DYE HOUSE IN A COLOUR FRENZY

4 minutes

クリエーション バウマンの本拠地であるランゲンタールは、スイスのデザインシーンにおける出会いの場の中心です。隔年で開催されるデザイナーズ・サタデーのため、一流のデザイナー、起業家、愛好家、そして次世代のクリエイターたちが、グローバルに活躍しているデザインブランドの製造施設のあるランゲンタールで、一堂に会するのです。

開催17回目のDesigner's Saturday(デザイナーズサタデー)は、より国際的なイベントになりました。とりわけ、メインカントリーであった日本は、ランゲンタールに異なるタイプの美学を紹介し、10,000 km離れた場所からの独特な視点を運んできました。 2018年はJan Geipel(ヤン・ガイペル)のキュレーションの最初の年であり、建築家、デザイナー、起業家として、革新、情熱、大胆なシーンの多面的な表現をしました。

THE FASCINATION OF COLOUR

万華鏡のように繰り広げられるデザインイベントに、テキスタイルの力強いカラーアクセントで貢献しているのは、出展者でもあり会場提供者でもあるクリエーションバウマンです。それは正真正銘、言葉のとおりです。大釜、ボビン、色彩、ファブリックロールの合間を行き来しながら、クリエーションバウマンは訪れる人に日常を忘れさせ、この染色工場の世界に浸らせてくれるのです。巨大な機械が設置された暗室では、色の魅力が際立って見えます。糸と同じように、訪れる人たちも狂い咲くような色彩の魅力に屈するのです。

建築において色彩は、平面図や設計図と同様、またはそれ以上と言ってもよいほど強力な媒体でしょう。色とりどりの平面図の一部、そして設計図そのものなのです。

Le Corbusier

部屋に初めて入るとき、まずは何に注目しますか?

ジューリーステイトメント ― ルチアーノ・デロレフィーチェがクリエーションバウマンについて語る

クリエーションバウマンは、自社の製造ノウハウを公開し、広く一般の人々に披露するファクトリーツアーを開催しています 。機械を照らす光と影を通り抜け、一連のビデオシアター招き入れられた後、製造ラインのさまざまな工程を目の当たりにすることになります。シアターを訪れた人は、製造工程の中で感じる質感、におい、色、音を体感します。あるがままの事実を見せてくれるこうした巨大なフライングビデオを見ることで、私たちはクリエーションバウマンの現場や舞台裏の状況を知り、聴覚、視覚、嗅覚を通して彼らが行っていることを体験し、テキスタイルビジネスの優雅な世界へと導かれるのです。


デザイナーたちの聖地

隔年開催されるデザイナーズ・サタデーは、スイスのデザイン業界の中心的な聖地としての地位を確立しています。デザイナーズ・サタデーには従来型の見本市のコンベンションがありません。情熱と革新的なコンセプトを持ってデザインが巧みに着想され、形として生み出される現実の工場で、非日常のイノベーションを体験することができる、世界でも類を見ないデザインイベントです。

www.designerssaturday.ch

more inspirations

Making-of

SINFONIA – THE SOFT REVOLUTION

1978年に発売され、今日まで継続的に販売されてきたベストセラーの定番商品、SINFONIAの世界をご堪能ください。

詳しく見る

Making-of

NATURE & POEMS

繊細な柄、大胆な質感、さりげない色彩が有機的にまとまったNATURE&POEMSコレクションの創造的なバイタリティからインスピレーションを得ませんか。

詳しく見る

Making-of

DYE HOUSE IN A COLOUR FRENZY

2年に一度行われるデザイナーズ・サタデー。開催されている週末の間、ランゲンタールはスイスのデザインの首都へと姿を変えます。クリエーション バウマンは、主催者としても出展者としても参加しています。

詳しく見る