GRAPHICS & ELEGANCE

2020年新作コレクション発売

クリエーションバウマンは、2020 年新作コレクション「Graphics &Elegance(グラフィックス& エレガンス)」を発売しました。「Graphics &Elegance(グラフィックス&エレガンス)」は、コンテンポラリーでエレガントなコレクションです。フランス語の表現に"je ne sais quoi(言葉では表現できない魅力)"という表現があります。今回のコレクションは、まさに「言葉では表現できない魅力(je ne sais quoi)」を表現しています。都会的なエレガンスが前面に押し出されていながらも、どこか控えめな表現も盛り込まれ、あらためて見直した時に初めて、重要なディテールや洗練された技法から強烈な印象を受けます。シルクやタフタ生地がインテリアに高級感のある輝きをもたらす一方で、グラフィカルな要素がモダンな印象を生み出しています。

素材
新しいシルク、タフタ、ジャカード生地では、現代的かつ都会的な要素を盛り込みました。このコレクション全てのファブリックに共通しているのは、贅沢なディテール、そして色彩への新たなアプローチと厳選された品質です。

カラー
今回のコレクションは4 種の色彩が織りなす世界が、まったく異なる印象を呼び起こします。コレクションのメインのカラースキームとしては、ペトロールブルー、オリーブゴールド、サーモン、モーブを取り揃えました。この4 種の色彩が織りなす世界は、クリエーション バウマンの色彩に対する強いこだわりと、これまでの経験を表しています。

LETTERA(レッテラ)

繊細な織りのベース地に、透け感のある抽象的な文字をバーンアウトでデザインし、様々な向きで配置しています。色はシルバー、ホワイト、亜麻色、デニムブルー、モーブ、オリーブグリーンなどをご用意しました。
詳細を見る

シエナ

SIENA RIGA(シエナリガ)

ほどよい透け感のあるタフタ生地。3 色のカラーで構成された大胆なボーダーを様々な幅でデザインしています。住宅でも公共施設でもモダンクラシックなインテリアを実現します。生地を横使いすると縦ストライプ柄になります。
詳細を見る

SIENA MALVA(シエナマルバ)

ほどよい透け感のカーテン生地です。タフタのような織りとプリントを合わせることで、言葉では表現できない魅力を放つ、抽象的な花のモチーフが生まれました。華やかながらも主張しすぎないカラー3 色をご用意しました。
詳細を見る

SIENA UN(シエナUN)

ほどよい透け感のカーテン生地で、玉虫色に見える軽いタフタ生地です。ゴールドオリーブ、コッパー、オーベルジーヌなど、光沢を放つカラーと並んで、落ち着いたニュートラルカラーを取り揃えました。
詳細を見る

STORIES(ストーリーズ)

贅沢なショーを見るような豪華なアイテムStories(ストーリーズ)は、18世紀に流行したクラシックなToile-de  -jouy(トワル・ド・ジュイ)をモチーフにしました。現代の多様な技術を融合し、モダンな要素を加えました               詳細を見る

SELENIT(セレニット)

二重織りで網のようなグリッド柄模様の、ほどよい透け感の生地です。室内に光が入るとモアレの効果が大変美しく際立ちます。柄の透け感の高い部分は、空気を含んだように柔らかくボリュームのある表面を形作ります。
詳細を見る

RASHMI(ラシミ)

玉虫色に見える効果が美しいクラシックなシルクタフタです。洗練された最高級のシルクを使用し、独特の感触と光沢のある厳選された生地です。
詳細を見る

RASHMI PALACE(ラシミパレス)

シルクタフタに立体感のある洗練された刺繍をあしらいました。マットな糸を密集させた豪華な刺繍と光沢を放つシルク地との間に魅力的なコントラストが生まれています。クラシックな印象を与えるパルメットモチーフと花柄にインスパイアされた模様が、ピクセルのような柄で配置されています。
詳細を見る

RAJA(ラジャ)

純粋な生糸を使用した高密度なシルクの生地です。RAJA(ラジャ)は発売から3 回目のカラーリニューアルをしました。特徴は、麻のようにも見えるざっくりした感じと、さりげないシルクの光沢感です。後染めすることで織り目の糸のニュアンスがナチュラルな美しさを強調しています。
詳細を見る

戻る