2022新作 吸音生地を発売

吸音率の最高値αw1.00を実現します。オフィスの吸音間仕切りに最適です。

(スライドショーの画像について:1.2枚目は事例写真は既存吸音生地での納品事例です。3~5枚目は新作生地です)

クリエーション バウマンは、2022年7月1日、吸音値αw1.00の新作吸音生地を発売致しました。
スイス本社工場のあるランゲンタールで技術を駆使し織り上げられます。高密度な多層構造の織りを実現し、吸音値aw1.00 の高性能な吸音生地でありながら、これまで以上に柔らかな手触りや繊細な織り感、色彩を実現した吸音生地です。防炎の多機能のルームディバイダーとしてオフィスや公共施設に最適です。


吸音率とは、残響室での試験の結果出される数値です。 試験対象材料のサンプルが残響室内に置かれ、残響室内の残響時間の変化から、材料の吸音率が算出されます。クリエーションバウマンの吸音カーテンは、ドイツの試験機関によって検査され検査機関からの試験結果は全てウェブサイトで公開しています。
吸音率は、入射音全体のうち吸収される部分の割合を表し ます。吸音率αw0は、吸収が発生せず、全入射音が反射されることを意味し ます。αw=0.5は、50%の音エネルギーが吸収され、50%が反射さ れます。αw=1ならば、音エネルギーがすべて吸収され、反射はありません。
吸音や音響についての詳しい資料はこちらをご覧ください。

SONIC MELT(ソニックメルト)

高密度な多層構造の織り。躍動感のある織りが特徴です。

吸音値aw1.00 の高性能な吸音生地です。表は黒の経糸1本と緯糸3本から成る構造で、3色の緯糸は粗く、太い糸で編んだように仕上げてあります。
見る位置によってはプレーンに見えたり、躍動感ある編み目に見えたりします。一方で裏面は表面とは違うグレーやベージュ色の細い糸を使った綾織で落ち着いた印象に仕上げています。落ち着いたニュートラルな色調のほか、コントラストを効かせたビビッドな色調や、ダークな色調、暖かみのある色調もあります。防炎品です。

詳細を見る

SONIC PLUS(ソニックプラス)

マットな糸による豊かな色彩をベースにし、黒い経糸との網目がアクセントの吸音生地。

吸音値aw1.00 の高性能な吸音生地です。表面はマットな糸による豊かな色彩をベースに、黒い経糸との微かな編み目がアクセントとなっています。裏面は、微細な撚りの糸を使った繊細な綾織で裏面は、微細な撚りの糸を使った繊細な綾織で、グレーからベージュの配色になっており、暗すぎないので、部屋の間仕切りに適した吸音生地です。防炎品です。

詳細を見る

MIDNIGHT(ミッドナイト)

高い遮光性と吸音機能を合わせ持つ繊細なニュアンス色のカーテン。

経糸と緯糸が2本ずつ流れる二重織りの構造が、複雑で洗練された印象を与えています。また異なるファイバーを使い、多層構造で織り上げられているため、特殊な染色後は異なる2色に染め上げられます。非常に繊細で微妙なニュアンスのある色を実現しました。遮光性と吸音性(吸音値0.95aw)を合わせ持つ高性能な吸音生地です。プロジェクターなどのスクリーンを使用する会議室や、映画などを楽しむオーディオルーム、寝室などの使用に最適です。防炎品です。

詳細を見る
全ての2022新作アイテムを見る
カタログ(PDF)を閲覧する
戻る